新東京タワー(東京スカイツリー)を考える会

新東京タワー(東京スカイツリー)を考える会

topics

2013/06/11 東京スカイツリー周辺における電磁波測定調査

テレビの地上波デジタル放送(地デジ)電波を関東地方へ送信することなどを目的に建設された東京スカイツリー(東京都墨田区)。この新タワー周辺で電磁波を測定した。測定データについてはなお整理、検討中だが、これまで分かったことについて、とりあえずのご報告をさせていただく。

スカイツリーからの電波

スカイツリーからは、地デジ以外にも様々な電波が送信されている。主なものは、以下の通りである(表1)。それぞれの送信アンテナの場所は、図1の通りである。

(1)マルチメディア放送

NTTドコモのグループ会社が運営する「NOTTV(ノッティーヴィー)」が、昨年4月1日の放送開始時より、関東地方への電波をスカイツリーから送信している。 NOTTVはスマートフォンなど携帯端末向け専用のテレビ放送。2011年の地上波アナログテレビ放送終了で空いたVHF帯の電波を利用している。ドコモの携帯電話等のうち、この放送に対応している一部機種を入手しないと視聴できない。

(2)タクシー無線

各タクシー業者が共同で設置した「東京スカイツリータクシー無線集中基地」が昨年(2012年)3月初旬から試験運用を開始し、同年4月23日から本運用された(1)。 スカイツリーの第一展望台の下、地上約300m付近の南西および北東の2か所にアンテナが設けられ、東京23区内全域をサービスエリアとしている(2)。

(3)FMラジオ

FMラジオのJ-WAVE、NHKFM、及びFM電波を利用したVICS(道路交通情報通信システム)は昨年4月23日、東京タワーからスカイツリーへ電波送信所を移転させた。 TOKYO FMは、スカイツリーへ移転せず、東京タワーに留まっている。送信アンテナを従来より100m以上高い東京タワーの頂上部(高さ333m)へ移し、今年2月11日から運用を始めた(3)。

(4)地デジ(TOKYO MX)

テレビの地上波デジタル放送のうち、東京ローカル局であるTOKYO MXの電波は、在京テレビキー局に先駆けて、昨年10月1日にスカイツリーからの電波送信を開始した。TOKYO MXの場合、東京タワーからの電波とスカイツリーからの電波とは周波数が異なっており、両タワーから同時に電波を出しつつ、東京タワーからの電波のほうを段階的に弱くしていった。約7カ月かけて受信障害を報告した家庭などへ対応を取り、今年5月13日、東京タワーからの電波を停止した。 しかし、キー局送信所のスカイツリー移転によって、TOKYO MXに新たな受信障害が発生しているという(4)。

(5)地デジ(キー局)

キー局の場合は、東京タワーからスカイツリーへの移転前後で、周波数は変わらない。このため、TOKYO MXのように両タワーから同時に電波を送信すると、干渉による受信障害が発生する。なので、スカイツリーからの電波送信開始と東京タワーからの停波は同時に行わなければならない。 各キー局は、スカイツリーへの移転による電波障害の規模は大したことないと考えていたとのことだが、スカイツリー完成後の調査で電波障害が大規模に発生することが判明。予定していた今年1月の移転を延期し、11万件以上に及んだ受信障害対策を進めたうえで、5月31日午前9時に移転した。もちろん、この日までに受信障害がゼロになったわけではなく、午前9時から1時間だけで787件もの受信障害情報が寄せられた(5)。「5月にスカイツリーへ移転予定」と叫び続けてきたキー局の面目を保つために、視聴者が犠牲になった。

表1・スカイツリーから送信される主な電波

 

図1・スカイツリーの主なアンテナの設置位置

受信テストを利用した電磁波測定

スカイツリーからの電波によって、周辺環境はどのように変わるのだろうか。当会は昨年にも、スカイツリー周辺で高周波電磁波の測定を行った。キー局の送信所移転後と比較することが目的だった。 その後、前述の通り、キー局の送信所移転による受信障害が判明。実際に障害が起きた家庭などについて個別に対応するしか手立てがないため、各キー局は、東京タワーからの電波を一時的に止めて、スカイツリーから電波を出す「受信テスト」を繰り返した。障害発生に気づいた視聴者からの連絡を受けて、必要な場合は業者が派遣された。

受信テストは昨年12月から、土曜日の早朝などに5分間行われた。3月からは日中なども含め1時間のテストが行われ、5月には「移転リハーサル」と称して、3時間、6時間、10時間のテストも行われた(最初と最後の1分間は説明を行うなどのため、テスト送信の正味時間はそれぞれ2分間短い。たとえば3時間の受信テストの場合、スカイツリーから実際に電波が送信されるのは2時間58分となる)。

当会は、この受信テストを、環境電磁波測定の好機ととらえた。なぜなら、受信テスト中と、その前後の受信テストを行っていない時間帯(または前後の日など)に測定を行えば、スカイツリーからの電波の中で最大出力であるキー局の電波がある場合とない場合との比較ができるからである。 第2世代携帯電話サービスが昨年7月に終了し、LTEやWiMAXの基地局が増え、また、通信量が多いスマートフォンが普及するなど、私たちの身の回りの電磁波環境は急速に変化している。受信テスト中と、その前後の時間帯(またはその前後の日など)とで測定すれば、数時間から1日の間に携帯基地局が増える確率はあまり大きくないので、キー局地デジ電波の送信場所の違い以外は、まあまあ同じ条件下で測定できる。

もちろん、まったく同じ条件というわけではなく、また、測定時には携帯電話端末・基地局の電波などスカイツリー以外の電波の影響を受けざるを得ない。スカイツリーからの電波だけを正確に調べるためには、周波数ごとの強さが分かるスペクトラムアナライザで測定する必要があるが、残念ながら私たちは入手できない。たとえ大まかであっても、スカイツリーによって私たちの環境がどう変わるのか、地元住民として把握しておきたいと考えた。

また、地上波アナログ放送電波を送信していた東京タワー周辺で2001~2年、NPO法人市民科学研究室が行った電磁波測定調査(6)でもわかるように、複数の局から少しずつ違った周波数の電波が地上に向けて送信される場合、周辺の建物の位置や形も関係して、反射波や回折波の重ね合わせが生じて、特異的に高い値を示すスポットができることがある。そうしたスポットを計測によってあらかじめ見出しておくことも重要だと思われる。

測定方法

(1)測定場所

市民科学研究室代表の上田昌文さんによるアドバイスにしたがい、スカイツリーから8方向へ水平距離で100m置きに測定することにした。測定場所の設定のしやすさなどから、方向によってタワー近くの0.1~0.3km地点から、3.0(西方向)~4.9km(南方向)地点にかけて測定。測定場所は全部で269カ所となった。

測定場所は、次のように決めた。ネットの地図上で距離を測定できるサービス「キョリ測」(7)を利用し、地図上にタワーから100m置きに印を付け候補地とした。候補地へ行き、タワーがよく見えない場合は、前後最大30mまで距離をずらして見える場所を探すか、または最低でもタワーの地デジアンテナが見える場所を選んだ。タワーが見える場所が見つからない場合は、その距離については測定しなかった。

(2)測定日時

スカイツリー受信テストの実施時間が1時間の場合は、テスト開始前の概ね3時間以内、テスト中、テスト終了後の概ね3時間以内の、計3回ずつ同じ地点を測定した。 受信テストの実施時間が3時間以上の場合は、原則としてテスト前日のだいたい同じ時間帯、テスト中、テスト翌日のだいたい同じ時間帯の、計3回ずつ同じ地点を測定した。

(3)測定器

当初はTM-195を使用したが、信頼性が高いとされるEMR-300を電磁波問題市民研究会からお借りできた。結局、TM-195で測定済みの場所も含めて、全地点をEMR-300で測定した。

タワーから0.7kmに“ホットリング”

受信テスト中の最高値は0.621μw/c㎡(1.53V/m)だった(60秒平均値。V/mで測定しμw/c㎡へ換算。以下同様)。この地点は東京タワーから送信中の測定でも0.357~0.376μw/c㎡(1.16~1.19V/m)と高めであった。 電磁波問題市民研究会で測定を担当している鮎川哲也さんにデータをお見せしたところ「これまで測定した他のポイントと比べて(キー局電波が送信中か否かに関わらず)全体的にかなり高い値の場所が多い」との指摘であった。

8方向の測定結果のうち、東方向を図2に示す。キー局電波が東京タワーから送信されている時間帯における2回の測定値の平均値と、受信テスト中の測定値との差が、スカイツリーからのキー局電波のおおよその強さを示している。タワーから離れていくと電波は単純に右肩下がりで弱くなるのではなく、強くなったり弱くなったりを繰り返しながら弱くなっていった。上田さんは「東京タワーで測定した時と同じパターンが見られる」と指摘した。

すべての方向でタワーから0.7km地点(方向によっては0.6km又は0.8km地点)の電波が特に強く、東京タワーからのキー局送信時(2回測定の平均)と比べて0.128~0.554μw/c㎡上昇し、0.281~0.613μw/c㎡(1.03~1.52V/m)であった。ホットスポットならぬ、いわば“ホットリング”が生じるわけだ。もちろん「ホット」と言っても、電波防護指針(数百μw/c㎡)を大幅に下回ってはいるのだが。

受信テスト中の測定値が特に高かった測定地点と、受信テスト中の測定値が東京タワーから送信時の測定値に比べて特に上昇した地点とを、図3に示した。タワーから0.7km以外にも、上昇幅が大きくなる距離がありそうだ。

逆に、タワーの近くであってもスカイツリーからの送信時と東京タワーからの送信時とで測定値にあまり差がなかった距離もあり、たとえば1.3km地点(方向によってはその前後)がそうであった。総務省によると、地上10mの高さで、放送電波が0.001V/m以上ならば視聴できるとのことである(8)。

以上をまとめると、タワー周辺地域がタワーから受ける電磁波の影響は一様ではなく、タワーからの距離が少し変わるだけで電磁波の強さが比較的大きく変化する場合がある、ということが言えそうだ。

図2・スカイツリー電波測定(東方向)

 

図3・キー局地デジの受信テスト中(スカイツリーから送信中)に特に測定値が高かった地点、及び、東京タワーからの送信時に比べて受信テスト中の測定値が特に上昇した地点

謝辞など

当会では、測定地点からのスカイツリーの見え方と測定値の関係等々、今後とも得られたデータの整理、検討をしていく。

ついに5月31日、スカイツリーからキー局電波の送信が始まった。私たち地元住民は、従来とは違う環境に住むことを余儀なくされている。住民に健康影響等が出ないことを願ってはいるが、携帯電話基地局レベルの電磁波で健康影響が起きているという全国各地からの報告を鑑みれば、安心することはできない。

最後に、測定方法などについてアドバイスをいただき、一部の測定にも参加してくださった市民科学研究室の上田昌文さん、測定結果へのコメントなどをいただいた電磁波問題市民研究会の鮎川哲也さん、測定器をお貸しくださった電磁波問題市民研究会に、お礼を申し上げます。

網代太郎(新東京タワー(東京スカイツリー)を考える会)

(1)フジテレビ
(2)日本アンテナ株式会社
(3)株式会社エフエム東京
(4)電磁波問題市民研究会からの情報
(5)2013年5月31日付『毎日新聞』
(6)
市民科学研究室
(7)キョリ測
(8)総務省「地上デジタルテレビ放送のエリアの目安(関東広域圏東京親局)」

2013/06/07 東京スカイツリー:送信移転から1週間 電波障害、新たに3万件

東京タワーから東京スカイツリーに在京テレビキー局の電波送信が切り替わって1週間が過ぎた。切り替え後、電波障害は新たに約3万件見つかった。さらに、これまで映っていた千葉や埼玉などのローカル局の番組が見られなくなる“2次被害”も多発している。

NHKと在京民放5社が5月31日午前9時に送信所を切り替えてから、5日までにコールセンターに寄せられた障害の件数は2万9978件。昨年12月から移転直前まで続けた試験放送で見つかった分を合わせ15万3958件に上った。

5月24日の移転日発表の際、NHKの久保田啓一理事は記者会見で「ほぼ大丈夫といえる段階になった。総数は12万5000件を想定している」と、円滑な移転に自信をのぞかせた。しかし、総数は想定を超え、移転後判明分は全体の2割近くに達した。昨秋から目標と定めた5月移転に固執し、未対策の視聴者が置き去りにされた。TBSの石原俊爾(としちか)社長は「想定より多いが、1日に2500件は工事ができる。スムーズに対応できる」と語る。

移転前の障害は、対策がほぼ完了。問題は移転後に判明した分だ。全てのチャンネルが映らないケースは1割程度で、他は一つか二つのチャンネルだけ映らないケースが目立つという。映らないチャンネルが一部だと工事を急がない人が多いせいか、コールセンターにクレームが殺到する事態は免れている。

一方、新たな問題も浮かび上がった。キー局は見られるが、ローカル局の千葉テレビやテレビ埼玉、東京タワーから送信している放送大学などが見られなくなってしまうケースだ。東京タワーと比べ2倍近い高さのスカイツリーは、障害物が少なく地面などに反射せずに強い電波が届きやすい。このため、千葉や埼玉などでは電波の強さを調節するブースターや、アンテナの向きを調整しないと、地元局の送信所や東京タワーの電波が受けられなくなった世帯が多い。

移転後に見つかった障害の約4割を、ローカル局が占める。テレビ埼玉には視聴者から「映らなくなった」という問い合わせが1日に100件以上寄せられており、同局幹部は「一刻も早く対策工事を進めてほしい」と話す。NHKとキー局はこうした2次的な障害の対策費も負担。移転後判明した障害の約6割が対策工事を終えているという。

(毎日新聞)

2013/04/30 スカイツリー移転による電波障害10万件超に

スカイツリーからのテレビ電波試験放送が連日おこなわれ、インターネット上ではそのせいでアニメが見られないなどと怒る人が続出している。ツイッターなどのインターネット上にも、画像が乱れ、ほとんど見られなかったなどという苦情が相次いで投稿された。
「先週はこの時間から急にスカイツリー電波のテストとかでウィザードとプリキュア見れなくなりましたね(憤慨」(3月31日)
「プリキュア映りません。スカイツリー死んでください」(4月21日)
また、移転をしない局でも、スカイツリーからの電波が強すぎて入らなくなるという例もある。
「スカイツリーの電波が強すぎて千葉テレビ、群馬テレビ、放送大学が見えなくなり、テレビ埼玉も信号レベルが低下。放送大学はスカイツリーに移転しないから深刻」
27日付けの産経新聞によると、こうした、東京タワーからのテレビ電波と東京スカイツリーからのテレビ電波の両方を正しく受信できるようにするための作業が必要な「要対策世帯」は22日までの累計で10万2175件だった。このうちの約 7割が工事済みまたは工事予定という。

(J-CASTニュース 2013年4月30日)

2013/04/02 スカイツリー移転に伴う電波障害、これまで7万件判明

 テレビキー局の電波送信場所を東京タワーから東京スカイツリーに切り替えるのを前に、テスト放送を行った結果、これまでに関東地方の7万余りの世帯で電波が十分届かず、アンテナ工事などが必要であることが分かった。
 各局は、4月3日以降、集中的にテスト放送を行う予定。
(4月2日NHK)

2012/10/29 「東京タワー」→「スカイツリー」への移転による電波障害は深刻

10月28日付『毎日新聞』報道によると、在京テレビキー局の電波送信所を東京タワーから東京スカイツリーへ移転させることが、当初予定の来年1月から大きくずれ込む見通しとなった。スカイツリーから電波を出した場合の電波障害対策に時間がかかるためとのこと。
報道によると、今年7月からNHKと民放各局が共同で、スカイツリーから試験電波を出して受信状態のサンプル調査を始めたところ、電波が強すぎることやア ンテナの向きが原因で、全く映らない世帯が方角や地域に関係なく見つかった。NHKのある幹部は「1月の移転は無理。アナログ放送と並行した地デジ化とは 異なり、今回は一夜で行うため、それまでに難視聴世帯対策を完了する必要がある。5月までに解決したいが、莫大な追加費用がかかる」と述べているという。
スカイツリーは受信環境改善のため「必要」と主張されているが、当会は計画当初から、スカイツリーは「不要」であり、東京タワーからの移転により、むしろ受信障害を引き起こすと主張してきた。当会の主張の正しさが裏付けられた。

2012/09/13 日弁連が「電磁波問題に関する意見書」を政府へ提出

日本弁護士連合会は、2012年9月13日付けで「電磁波問題に関する意見書」を取りまとめ、同年9月19日に環境大臣、経済産業大臣、厚生労働大臣宛に、また、同年9月20日に総務大臣宛に、提出しました。

日本弁護士連合会のウェブサイト